佐伯市の家づくり・注文住宅・新築・リフォーム・あなたの家にプラスαの満足日記・川合工務店

大分県南部佐伯市を拠点に家づくりを行ってる川合工務店での設計と現場管理の毎日を綴ったブログです。 新築住宅については年間4棟以下に限定し、顧客のご要望を重視しで一棟一棟丁寧に設計&施工する事を基本理念としています。 メーカーに出来ない家づくりのご提案!気になる価格面についても分かりやすく納得の出来る見積表示を心がけています。

狭い床下空間のデメリット

本匠の家ではメーカーのバスルームが組立中。

事前打ち合わせを何度も行っているので順調に進んでいます。






昼前に、OBクライアント様から水漏れのレスキュー

ワタシが建てた家ではありませんが、10年前から

家守りをさせていただいています。

(建てた住宅会社が現在、存在していない為)


設備工事屋さんにも同行してもらい原因を探して

もらう為、床下に入ります・・・

床下空間は人が寝た状態でやっと進める高さ

しかありません!

漏水箇所は見つかりましたが、この空間で修理を

するのは不可能なので、応急処置を施してもらい

後日、改めて施工予定です。


日本の普通の建築構法では床下空間が40cm程あり


人が入り作業が可能ですが・・・

しかし、近年ではバリアフリー化や床下断熱の関係で

床下空間が狭かったり、無かったりな住宅も存在します。

後々のメンテナンス性を考えると床下空間は大切ですね。

(ちなみに、今回修理する家は輸入住宅っぽい造り)




これから家づくりを考えている方々は、床下空間の

確保されている家を建てましょう!

チェックポイントとしては、まず断面詳細図面を見る事です。




床下空間がしっかり確保されていますか?

次に平面図を見ましょう。タタミを剥がなくても床下空間に

出入りできるハッチ(点検口)がありますか?

図面を見ても分らない時は建設会社の担当さんに聞いてみましょうね。


佐伯情報ランキング (今のところ1位)  
大分県ランキング (最高19位)
 ▽バナーをクリックするとランキングアップします 
   









別窓 | 家づくりワンポイント解説 | コメント:0
∧top | under∨

どこに相談したら良いか分らない時

家を造りたいが、どこに相談したら良いか分らない

日曜日しか仕事を休めないので

工務店が休みの場合は相談できない

ハウスメーカーに行くと、営業が来るのでイヤだ

などと悩んでいたら・・・

いつまで経っても家づくりの計画が進まない

なんて事はありませんか?



毎月、第一日曜日は「家づくり無料相談」を実施しています。

時間は午前10:00~12:00  午後1:00~5:00

明日、午前中は出張相談会で不在になります。

午後は事務所で設計業務か、

jimusho.jpg 



隣接するガレージでクルマいじって遊んでます

gh_20170902231059e08.jpg 




赤いロードスターか青い軽バンがある時は事務所に居ますが

希にブッキングする事がありますので

お電話かメールで、ご予約下されば助かります。


相談内容の一例

・土地探し  

・間取りが決まらない 家相相談 (新築・リフォーム)

・住宅ローン リフォームローン

・ゼロエネルギー住宅

・家守り 修繕依頼 

お気軽にどうぞ

不快な営業活動はしていませんのでご安心を







予約電話 0972-46-1607

メールアドレス r33ryuzoers6@yahoo.co.jp





土曜日の業務 備忘録

朝、キッズルームリフォーム現場監督

10:30 完成見学会ご来場者様と打ち合せ

12:30 新規リフォーム打ち合せ

午後、OBクライアント様がご来店

その後再び現場監督





後は設計業務な一日でした(^_^)v





佐伯情報ランキング参加中 (2位~6位をフラフラと・・・)
 ▽バナーをクリックするとランキングアップします 
   
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村
  





大分県 ブログランキングへ



ホームページはコチラ
http://kawaikoumuten.ie-yasu.com/

kawaihp20170509.jpg



別窓 | 家づくりワンポイント解説 | コメント:0
∧top | under∨

キッチンショールームの上手な使い方

こんばんは、りゅうじです。

久々の家づくりワンポイント解説です。




キッチンやバスルームをリフォームしたい時

まず、どこに行きますか?

気軽に立ち寄れる場所と言えば

メーカーのショールームではないでしょうか?



リフォーム専門会社もショールームを持ってますが

国産メーカー品でなかったり、展示が少なかったりと

残念な場合もあるので注意が必要です。



どうせ行くのなら、国産メーカーの

ショールームをお勧めします。

少し眺める程度なら、予約無しで立ち寄ることも可能ですが


本気で考えているのなら、予約する事!

予約すれば担当のアドバイザーが要望に応えてくれます。

しかし、アレもコレもと欲しいオプションを付け加えていくと

恐ろしい見積額になるので注意が必要です。



もっと本気なら、キッチンなどに詳しい工務店に相談する事

工務店は年間を通してキッチンやバスルームを扱っているので

意外と知識が豊富です。価格についてもメーカーと交渉し

意外とお安く提供してくれます。


ただキッチンを置き換えるだけの工事なら誰でも出来ますが

古いキッチンを外した際に床が腐っていたり、シロアリの発生

配管の老朽化など不測の事態に

素早く的確に対応できるのも工務店です。


不測の事態とならないように、目視できる範囲で下調べをし

それらを予測し対策を練って行動できるのも工務店です。



話は戻ってキッチンなどを選ぶ場合、まず工務店に電話し

現場調査を依頼します。そして図面を描いてもらい



カタログである程度のベース仕様を決めておき、

オプションの優先順位を決め、だいたいの予算を組みます。


それから工務店にショールームを予約してもらい

同行してもらいます。

下調べの際の図面なども、あらかじめショールームに

メールで送っているので話がスムーズに進みます。


ショールームの担当者から専門的な事を質問されても

あなたに代わり的確に答えたりアドバイスをします。

こうすれば予算に近いカタチで理想のキッチンを手に入れる

事ができるでしょう。



間違っても、営業ばかり達者なリフォーム業者や

通販でやたらと安い業者に依頼してはいけません。

結果として高い物になります。


広告で異常に安い価格を提示してるホームセンターの場合

本体価格より現場搬入費や組立費が高額な場合もあります。

お値段異常な事ですよね。(笑)


話をまとめると

家に関する事は、長年家を造り続けている

新築はモチロン、リフォームも手がける工務店に

相談するのが賢い選択だと言えます。

電話かメールで依頼する場合はまずキッチンに

ひとつふたつ質問をしてみましょう

それで詳しいか否か判断するのも大切です。







佐伯情報ランキング参加中 (2位~6位をフラフラと・・・)
 ▽バナーをクリックするとランキングアップします 
   
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村
  





大分県 ブログランキングへ



ホームページはコチラ
http://kawaikoumuten.ie-yasu.com/

kawaihp20170509.jpg


別窓 | 家づくりワンポイント解説 | コメント:0
∧top | under∨

土地を探す時に頭に入れておく事② 道路編

家づくりワンポイント解説


今回は道路について
あまり深入りしすぎると訳が分からなくなるので
ザックリと概要だけ解説します。

家を建てる土地は、幅4m以上の道路に2m以上接してなければ
なりません。これを接道義務といいます。

道路とは、国道、県道、市道、農道、里道などがあり
国道 国土交通省
県道 県庁
市道 市役所 建設課だったり用地課だったり
農道や里道などは用地課だったかな?
位置指定道は都市計画課?
この辺は、お住まいの地域の市役所で異なります

各担当課の窓口で台帳やパソコンで閲覧させてもらい
何の道であるか調査します。

これを怠ると、建築確認済証が交付されなかったり
金融機関でローンが組めなかったり
大変な事になりますので注意が必要です。

買いたい土地が見つかったら
不動産屋さんに相談するのと同時に
設計業務を実際に行っている建築士にも相談しましょう。
建築基準法の視点から道路の調査をしてくれます。


補足ですが・・・
調査の際に道路内に水道管が埋設されているか?
それが共用であるのか隣人が個人で引いた物なのか?や

排水を出す下水道管や浄化槽で処理した水を放流する
側溝なども調べてもらうと安心です。

道路の調査で市役所に行くのなら、ついでに水道課にも
行く事が可能でしょうからね。


ザックリ書くつもりが長文ですね・・・
そのような相談をどこにしたら良いか分からない場合は
ご一報下さい。

少々お時間いただきますが調査可能です。


佐伯情報ランキング参加中 (2位~6位をフラフラと・・・)
 ▽バナーをクリックするとランキングアップします 
   
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村
  





大分県 ブログランキングへ



ホームページはコチラ
http://kawaikoumuten.ie-yasu.com/

kawaihp20170509.jpg














別窓 | 家づくりワンポイント解説 | コメント:0
∧top | under∨

土地を探す時に頭に入れておく事① 「がけ」編

久々の家づくりワンポイント解説です


家を建てる為の土地を探す時に頭に入れて置く事の

解説です。

今回は「がけ」について

このブログ内での「がけ」とは2mを超える

土地の段差や斜面の意味だと考えて下さい。



gake500.jpg 


大分県条例では2mを超えるがけに近い場所では

建築に規制がかかります。

ここで内容を詳しく解説すると長文になるので割愛しますが、

購入を考えている土地近辺に2mを超えるがけがある場合は

要注意です!


それがコンクリート製であっても2mを超える超えるものは

工作物としての建築確認申請や完了検査が

終了していなければなりません。



まずは、建築の設計や申請を行っている建築士に

相談しましょう。



不動産屋さんや大工さん住宅メーカーの営業さんでも

この条例を知らない人が実際に居ますので要注意です。



知らずに土地を買ってしまって設計段階か、

建築確認申請後に家を建てる事の出来ない土地と発覚した場合、

時間と労力とお金の無駄が発生し

大きな打撃を受ける事になります。




まずは家の設計や申請を「実際」に行っている建築士に

相談をする事をお勧めします。



仮に法規制をクリアしても、がけや斜面に近い土地には

大きなリスクがあります。

メリットと言えば値段が安い事ですかね・・・

安値で買えても、後の大雨や地震で長いローンを

抱えて建てた家が危険にさらされては、安さのメリットは

帳消しになり、むしろマイナスです。

法規制クリア=安全の保証ではありません



次回は

購入予定の土地に面する道路について書こうと思います。

いつになるか分かりませんが(笑)




佐伯情報ランキング参加中 (2位~6位をフラフラと・・・)
 ▽バナーをクリックするとランキングアップします 
   
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村
  





大分県 ブログランキングへ



ホームページはコチラ
http://kawaikoumuten.ie-yasu.com/

kawaihp20170509.jpg

別窓 | 家づくりワンポイント解説 | コメント:0
∧top | under∨
| 佐伯市の家づくり・注文住宅・新築・リフォーム・あなたの家にプラスαの満足日記・川合工務店 | NEXT