αHOME Plus あなたの家のプラスαの満足日記  by川合工務店一級建築士事務所

大分県南部佐伯市を拠点に家づくりを行ってる川合工務店での設計と現場管理の毎日を綴ったブログです。 新築住宅については年間4棟以下に限定し、顧客のご要望を重視しで一棟一棟丁寧に設計&施工する事を基本理念としています。 メーカーに出来ない家づくりのご提案!気になる価格面についても分かりやすく納得の出来る見積表示を心がけています。

設計中

昼間は現場カントク業なので、夜に間取りプランを描いてます。

クライアント様の要望を叶えつつ

梁(はり)の配置や、荷重や地震力の伝達など

構造的な事も同時に考えながら描き進めます。

2階建ての構造で重要な事のひとつに

上下階の柱や耐力壁の位置をなるべく揃える事があげられます。

そうすれば、力の伝達が上階から下階へとスムーズに移動します

からね。


昨年の熊本大分の震災で、比較的新しい家の倒壊が多かった

原因のひとつとされるのが、上下階の柱や耐力壁のバランスの

悪さでした。



あくまで推測ですが・・・

上下階の構造バランスの悪い家が生まれた背景は現在の

建築業界が抱える多重下請け構造にあると考えられます。


①構造に対しての認識が薄い住宅会社の営業担当がクライアント

と打ち合わせし、上下階のバランスの悪い間取り図を製作。
 

②それを設計担当者若しくは下請けの設計事務所へ渡し、

建築確認申請が通る程度の合法な設計図へと変換する。


③当然ですが合法なので確認済証の交付を受理し着工。


④下請けのプレカット加工場の設計担当者がそのバランスの

悪い設計図を苦労して構造伏図に変換。

⑤木材が工場で加工された後、上下バランスの悪い家が完成。


⑥地震の揺れに耐えきれず倒壊。



この問題を解決するには、営業担当者の製作した間取り図を、

設計担当者がしっかりと吟味して、構造上問題のある部分を

修正しクライアントの了承を得る事を怠ったからだと考えます。



現在は便利な高性能CADのおかげで誰でも簡単に家の設計が

出来る時代ですが機械任せにせずに

材料の配置1本1本をよく考えて配置する事が重要です。

それが家づくりを生業とする者の責務だと私は考えます。


そんな事を考えながら今夜も図面を描いてます。

地味で根気の要る作業ですが、何年やっても飽きません(笑)




津久見の家 間取りプラン設計

A社事務所 玄関ドア交換完了

新たなバスルームリフォーム(名称未定)の設計

リビングが真ん中にある家 構造材加工

本匠の家 バスルームリフォーム 基礎コンクリート工事


佐伯情報ランキング参加中 (2位~6位をフラフラと・・・)
 ▽バナーをクリックするとランキングアップします 
   
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐伯情報へ
にほんブログ村
  





大分県 ブログランキングへ



ホームページはコチラ
http://kawaikoumuten.ie-yasu.com/

hp201605 (640x360)









別窓 | おしごと | コメント:0
∧top | under∨
<<コンクリート基礎完了 | αHOME Plus あなたの家のプラスαの満足日記  by川合工務店一級建築士事務所 | 土日は床塗装!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| αHOME Plus あなたの家のプラスαの満足日記  by川合工務店一級建築士事務所 |