佐伯市の家づくり・注文住宅・新築・リフォーム・あなたの家にプラスαの満足日記・川合工務店

大分県南部佐伯市を拠点に家づくりを行ってる川合工務店での設計と現場管理の毎日を綴ったブログです。 新築住宅については年間4棟以下に限定し、顧客のご要望を重視しで一棟一棟丁寧に設計&施工する事を基本理念としています。 メーカーに出来ない家づくりのご提案!気になる価格面についても分かりやすく納得の出来る見積表示を心がけています。

狭い床下空間のデメリット

本匠の家ではメーカーのバスルームが組立中。

事前打ち合わせを何度も行っているので順調に進んでいます。






昼前に、OBクライアント様から水漏れのレスキュー

ワタシが建てた家ではありませんが、10年前から

家守りをさせていただいています。

(建てた住宅会社が現在、存在していない為)


設備工事屋さんにも同行してもらい原因を探して

もらう為、床下に入ります・・・

床下空間は人が寝た状態でやっと進める高さ

しかありません!

漏水箇所は見つかりましたが、この空間で修理を

するのは不可能なので、応急処置を施してもらい

後日、改めて施工予定です。


日本の普通の建築構法では床下空間が40cm程あり


人が入り作業が可能ですが・・・

しかし、近年ではバリアフリー化や床下断熱の関係で

床下空間が狭かったり、無かったりな住宅も存在します。

後々のメンテナンス性を考えると床下空間は大切ですね。

(ちなみに、今回修理する家は輸入住宅っぽい造り)




これから家づくりを考えている方々は、床下空間の

確保されている家を建てましょう!

チェックポイントとしては、まず断面詳細図面を見る事です。




床下空間がしっかり確保されていますか?

次に平面図を見ましょう。タタミを剥がなくても床下空間に

出入りできるハッチ(点検口)がありますか?

図面を見ても分らない時は建設会社の担当さんに聞いてみましょうね。


佐伯情報ランキング (今のところ1位)  
大分県ランキング (最高19位)
 ▽バナーをクリックするとランキングアップします 
   









別窓 | 家づくりワンポイント解説 | コメント:0
∧top | under∨
<<悩ましい階段 | 佐伯市の家づくり・注文住宅・新築・リフォーム・あなたの家にプラスαの満足日記・川合工務店 | 土台交換>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 佐伯市の家づくり・注文住宅・新築・リフォーム・あなたの家にプラスαの満足日記・川合工務店 |